【全面勝訴】自家がんワクチン療法の有効性に関する裁判

2022年に、東京高等裁判所にて、セルメディシン株式会社(以下セルメディシン社)が提供する「自家ワクチン療法」の有効性に関する裁判が行われていました。裁判の結果は、被告側(セルメディシン社)の「全面勝訴」の内容で、2022年7月23日に確定しました。

「自家がんワクチン療法」とは?

「自家がんワクチン療法」とは、セルメディシン社が開発した免疫細胞療法のことです。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://cell-medicine.com/about/

裁判で認められた有効性

本裁判は、がんにて亡くなられたご遺族から、セルメディシン社を被告とする損害賠償請求をした裁判となります。本裁判の原告側の意見としては、

・自家がんワクチン療法には科学的証拠がない(エビデンスがない)

・また自家がんワクチン療法が有効となる可能性もない

などの意見があげられます。

それに対し被告側は、自家がんワクチン療法の有効性を示す学術論文等を提示することにより、エビデンスに基づく客観的かつ合理的な主張を行いました。

本裁判の「全面勝訴」とはつまり、

自家がんワクチン療法が「有効となる可能性がある」と、

公式に認められたと言えるでしょう。

本裁判は、がん免疫細胞療法の有効性が示された裁判となり、自由診療であるがん免疫細胞療法が、世間に認められるための一歩となりました。

本裁判に関する詳しい情報は、下記のセルメディシン社のサイトをご覧ください。

https://cell-medicine.com/topics/%e9%ab%98%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%b1%ba%ef%bc%88%e5%bc%8a%e7%a4%be%e5%85%a8%e9%9d%a2%e5%8b%9d%e8%a8%b4%ef%bc%89%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%81%ae%e3%81%94%e5%a0%b1%e5%91%8a/

※本記事は、上記のセルメディシン社のサイトを参考に作成しております。