私たちは、免疫細胞療法を中心とした先端的治療を取り入れることであきらめないがん治療をめざす、 がん患者とその家族のための患者会です。

モミの木は変わります
そこに生き抜く可能性がある限り
私たちは、標準治療以外のがん治療についても積極的に考えていきます。

私たちは考えます。
患者やその家族が、この病に対して本当は何を求めているのか?
そして、それに対する真の答えを追求するための患者会でありたいと。

患者会の現状
いつの頃からか、患者会は骨抜きにされてしまいました。

がんに係る患者会の多くは、残念ながらその支援団体や、バックグランドが行政や製薬会社などから資金提供を受けています。会の活動と維持には、いくばくかのお金が必要ですしどこかの団体などの支援が必要となります。

がん対策基本法が平成18年に施行されたのがきっかけで、行政側も積極的に患者会などの支援を行っていただけるようになりましたが、半面、国の方針と異なる考え方や行動をとる団体に対しては、暗黙の圧力がかかる仕組みも構築されてきました。

続きはこちらから

PAGE TOP
MENU