混合診療と医師会と規制緩和

混合診療 一審は勝訴 これに対して時の厚生労働大臣 民主党政権時代舛添要一厚生労働大臣が控訴を行う。可能性が奪われた未来の医療 大まかにいうと混合診療とは、保険診療と保険外診療(いわゆる自由診療)が、混在して行われる診療のことであり、日本では一部を除いて原則認められていない。保険診療機関で、混合診療が発覚するといままで治療を受けていた治療に対して、保険診療部分の公費負担が取り消され、すべての医療行為に対して自己負担が強いられることになる。 そのため、保険適応外の免疫細胞療法な... Read More | Share it now!

診療情報とセカンドオピニオン

診療情報は、患者さんのものであり、主治医のものでも病院のものでもありません。 がん治療は、一本道ではありません。治療法に迷いが生じたり、誰かに相談したりしたくなることも通常よくあることです。この時、役に立つのがセカンドオピニオンという考え方です。平たく言えば、他の医師に第三者の目で、現在の治療方針について検討してもらい意見をもらうとう行為です。 がんの拠点病院などでは、院内にセカンドオピニオンを受け付ける部署なども近年見られるようになってきました。 ただ、この場合は、よほどおかしな治療でなければ、保険診... Read More | Share it now!

患者は医師を選べない?

医師や医療機関は金太郎飴ではない。 医師と医療機関を患者が選択できるシステムの構築を!! がんと診断されると、自動的に病院のほうから主治医が決められるのが大筋の流れです。 決して、レストランのメニューのように、多くの選択肢から選ぶことはできません。服や車を買う時ですら、私たちは選択をするという行為を自然に行っています。 しかし、金太郎飴と同じ考え方で成り立っている医療システムの中では、選択は排除されます。 がんは、風邪や腹痛などの軽微な病気ではありません。最も大切な命を預ける医師のスペックや履歴、考え方... Read More | Share it now!

最大耐用量

可能な限り、その患者さんが耐えられるだけ大量に投与する。 MTDは、正しい薬剤の使用の仕方か? がんの治療法の開発は、抗がん剤の開発の歴史といっても過言ではありません。 医学においては、それがなぜ、そのような効果がおき治療法として成り立つのか、理由がわからず確立されてきた治療法は多くあります。 免疫系を利用したワクチンなどは、その最たるもので、免疫機構の仕組みがはっきりわからないが、一度かかった伝染病には、二度かからないという経験値から生み出されたものです。 抗がん剤も、その分子レベルでの役割が理解でき... Read More | Share it now!